館長・社長メッセージ

「世の中を良くするために自分の能力を余すことなく使い、そのことに何よりも幸せを感じる人材」になってほしい

伊藤塾の運営を中心にする株式会社法学館は、法律家や行政官(公務員)を目指す受験生の指導に取り組み20年になります。単なる受験指導にとどまらず、社会全体の幸福の総量を増やすことに自身の能力を余すことなく使うことが出来る法律家や行政官(公務員)を育成するため、様々なプログラムを導入してきました。

開塾以来、300回を超える「明日の法律家講座」では法律家や行政官のみならず、総理大臣経験者をはじめとする政治家やジャーナリストなど幅広い分野の方々を講師としてお招きし、ご自身の経験や考えをお話ししていただいています。韓国・中国などアジアの国々や沖縄を訪問する「スタディツアー」では、歴史的な事実を直視し感じ取ることで、様々な問題をリアリティーを持って考える契機にしていただいています。

株式会社法学館で働く社員は、様々なプログラムを通じて世の中を良くするために日々努力を怠らない受験生をサポートすると共に、日々研鑽し自身の成長に努めています。また、会社設立以来20年間、多様性(ダイバシティ)を推進してきているため、一人ひとりの個性を活かし、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができることも社員の成長を促す一因であると自負しています。

私はみなさんに「世の中を良くするために自分の能力を余すことなく使い、そのことに何よりも幸せを感じる人材」になってほしいと考えています。
入社段階で高度な知識や特別なスキルを持っている必要はありません。
私の思いに共感してくださるみなさんは、是非、株式会社法学館に飛び込んできてください。

法学館館長 伊藤真

法学館館長 伊藤 真

PROFILE
伊藤塾塾長・弁護士・法学館法律事務所所長・法学館憲法研究所所長
日弁連憲法問題対策本部副本部長
1958 年生まれ、東京出身。伊藤塾(法律資格の受験指導校)を主宰。
1981 年司法試験合格後、真の法律家の育成を目指し、司法試験の受験指導にあたる。
日本国憲法の理念を伝える伝道師として、講演・執筆活動を精力的に行う。
マスコミなどにも多数登場。専門書、一般書著書多数。

チャンスにトライしてみませんか。

法学館・伊藤塾の人材の採用・育成の基本理念は、(1) 高い志を持ち、(2) 自分のスキル・スピリットを高めようとする人には、(3) 誰にでも、活躍のチャンスを与えることです。

(1) 高い志を持つこととは、自分のやりたいことを大切にし、自分の得意なことが活かせるようにしながら、人の喜び・幸せにつながるように、喜び・幸せを一人でも多くの人に感じていただくように仕事をする、ということです。やりがいをもって仕事をすることができます。
(2) 自分のスキル・スピリットを高めようとする人、すなわちやる気があって成長しようとする人には、研修の機会を適宜提供します。また仕事を通じても研修しますので、自分自身が成長できることを実感することができます。
(3) 誰にでもとは、性別、学歴、年齢、国籍等による差別が一切ないということです。例えば、女性の方は、結婚して出産しても、働けるよう十分に配慮していますので、産休・育児休暇・時短勤務等を活用して、仕事とプライベートの両立を図れるようにしています。結婚・出産して会社のリーダーとして活躍している女性もいます。

あなたも法学館・伊藤塾の一員になって、チャンスにトライしてみませんか。

代表取締役社長 西 肇

代表取締役社長 西 肇

 

 

「法学館」ってどんな会社?

法を学び、実践していく方々のための「リーガルテクノロジーカンパニー」 法学館の事業の一部を紹介します。

法学館の充実した研修プログラム